<< 宮城クラブ練習 | main | 変化 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.02.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    3.11から一年

    0
      - 3月11日 -

      東日本大震災から一年が経ちました。

      まずは昨年の震災で被災された皆さんにお見舞い申し上げます。

      今日はテレビなんかも震災関連一色でしたね。

      2011年3月11日、自分は仕事で福島県いわき市にいました。

      大きい仕事を終えて一回休憩いれようかな?という時でした。

      ちょうど外の自販機でコーヒー買おうとしてた時に揺れが来ました。

      外にいたため、どのぐらいデカい地震だったのか?すぐには実感できず(デカいということだけはわかってましたけど)、長い揺れ(体感時間的に)の後、工場の中に入って初めて地震の規模の大きさを実感しました。

      いろんな物が倒れてたり、道路にヒビが入っていたりはしましたが、まずは怪我をした人もいなくて良かったと。

      正直その時はまだ、事の重大さが分かっていませんでした。会社の人のワンセグを見ていたので漠然と津波が来るらしいってこと、かなり広い範囲で被害が出てるらしいってことぐらいしかわかりません。

      出張先の会社の人たちはみんな家族と連絡が取れて、無事が確認できてもいたので、この時は『今日何時ぐらいに家に帰れるかな〜』なんて考えてたのを覚えてます。

      ところが出張先を16:30ぐらいに出るとまず、高速が使えません(当たり前ですが)。

      課長と一緒に出張していたんですが高速に乗れないと分かった当たりから尋常ではない話だってことがだんだんと理解できて来ました。

      途中で奇跡的に営業してるコンビニで飲み物や食料、携帯の充電器なんかを買いました。

      福島県からでは会社にも秋田の実家にも連絡がなかなか取れず、埼玉に帰る道路は渋滞がひどくなかなか進まない。その間にもラジオから入る被害状況の数々。

      やっと家に着いたのは日付が変わった1:30。(ずーっと課長さんが運転してくれていました。その節は本当にありがとうございました。)

      家の中はインターハイ優勝記念ボールが転がってたぐらいで特に被害もありませんでした。

      家に帰ってからもテレビをつけると津波の絵がたくさん入ってきていて、なかなか寝れなかったです。

      あれから一年。

      いろんなことがありましたが今では普通に生活するのが当たり前になってきています。

      バスケも震災後はなかなか体育館がつかえず、思うように練習できなかったのを覚えています。

      ですが今では普通に生活することになんの違和感も感じなくなってきてしまいました。

      もう一回、バスケができる環境、普通に生活できていることに対して周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れず、持ち続けて行きたいと思います。

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.02.14 Sunday
        • -
        • 23:26
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM