スポンサーサイト

0
    • 2016.02.14 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    6/16終了時点での現状

    0
      6月16日終了時点でのリーグ戦の状況です。
      ()は残る対戦相手です。

      1位 日本無線 6勝 (三井住友銀行・曙ブレーキ工業)
      2位 横河電機 5勝1敗 (曙ブレーキ工業・日立電線)
      3位 日立電線 4勝3敗 (横河電機)
      4位 曙ブレーキ工業 4勝2敗 (横河電機・日本無線)
      ---------------------------------------------------------------------------------------------
      5位 葵企業 3勝4敗 (新生紙パルプ商事)
      6位 三井住友銀行 3勝3敗 (日本無線・富士通)
      7位 新生紙パルプ商事 2勝4敗 (葵企業・三井住友海上)
      8位 富士通 1勝5敗 (三井住友海上・三井住友銀行)
      9位 三井住友海上 6敗 (富士通・新生紙パルプ商事)

      現時点で日本無線・横河電機は確定。
      残る2つのイスを日立電線・曙ブレーキ工業・葵企業・三井住友銀行・新生紙パルプ商事の6チームで争っている状況です。
      富士通と三井住友海上は下位リーグが決定。

      22日@朝霞市総合体育館で行われるカードは以下の通り。
      第1試合10:00〜 富士通 − 三井住友海上
      第2試合11:30〜 新生紙パルプ商事 − 葵企業
      第3試合13:00〜 日本無線 − 三井住友銀行
      第4試合14:30〜 横河電機 − 曙ブレーキ工業

      状況を整理します。
      第2試合、葵企業・新生紙パルプ商事ともに負けた方はその時点で下位リーグが決定します。

      葵企業が上位リーグに行くには…
      22日に新生紙パルプ商事に勝利した上で日立電線が横河電機に負け、曙ブレーキ工業が2連敗かつ三井住友銀行2連敗か1勝1敗で並んだ場合に当該チーム対戦成績のゴールアベレージで上位2チーム以内に入らないといけない。
      対象チーム⇒日立電線・曙ブレーキ工業・三井住友銀行・葵企業 ただし、三井住友銀行が2連敗した場合は勝ち数で並ばないため対象チームから外れる。

      新生紙パルプ商事が上位リーグに行くには…
      22日に葵企業に勝利&23日の三井住友海上に勝利した上で日立電線が横河電機に負け、曙ブレーキ工業が2連敗かつ三井住友銀行2連敗か1勝1敗で並んだ場合に当該チーム対戦成績のゴールアベレージで上位2チーム以内に入らないといけない。
      対象チーム⇒日立電線・曙ブレーキ工業・三井住友銀行・新生紙パルプ商事 ただし、三井住友銀行が2連敗した場合は勝ち数で並ばないため対象チームから外れる。

      三井住友銀行が上位リーグに行くには…
      22・23日に連勝 → 日立電線が負け、曙ブレーキ工業が2連敗で上位進出確定
      22・23日で1勝1敗 → 日立電線が負け、曙ブレーキ工業が2連敗、葵企業or新生紙パルプ商事(23日の三井住友海上戦で勝利が必要)の勝者とゴールアベレージ。

      曙ブレーキ工業が上位リーグに行くには…
      22・23日で1勝1敗以上で上位決定。
      2連敗した場合→日立電線が横河電機に負け、葵企業対新生紙パルプ商事(三井住友海上に勝利が前提)の勝者、三井住友銀行が1勝1敗で並んだ場合のゴールアベレージ。
      (対象チーム⇒日立電線・三井住友銀行・曙ブレーキ工業・葵企業or新生紙パルプ商事)
      もしくは日立電線が横河電機に負け、葵企業対新生紙パルプ商事(三井住友海上に勝利が前提)の勝者、三井住友銀行が2連勝した場合、3チーム間同士のゴールアベレージ。
      (対象チーム⇒日立電線・曙ブレーキ工業・葵企業or新生紙パルプ商事)

      日立電線が上位リーグに行くには…
      横河電機に勝利→上位進出決定
      横河電機に負け→曙ブレーキ工業が2連勝した場合、葵企業が新生紙パルプ商事に負けかつ三井住友海上に負け、三井住友銀行が1勝1敗以下で上位進出。
      横河電機に負け→曙ブレーキ工業が2連敗した場合、三井住友銀行が2連勝した場合3チーム間のゴールアベレージ(対象チーム⇒日立電線・曙ブレーキ工業・葵企業or新生紙パルプ商事の勝者(ただし三井住友海上に勝利が前提))三井住友銀行が1勝1敗の場合は4チーム間のゴールアベレージ
      横河電機に負け→曙ブレーキ工業が1勝1敗だった場合、三井住友銀行が1勝1敗で3チーム間のゴールアベレージ(対象チーム⇒日立電線・葵企業or新生紙パルプ商事・三井住友銀行)
      横河電機に負け→曙ブレーキ工業が1勝1敗だった場合で葵企業が新生紙パルプ商事に負け、かつ三井住友銀行が2連敗で上位決定。

      で、合ってるはず。。。
      ま、自分のことですから何かしらの見落としはあると思いますが…

      要は人んちのことは関係なく、とにかくあと1勝すればOK!!
      ということで先週勝利して首がつながりはしましたが崖っぷちなのに変わりはありません。
      今週の2連戦が山場です、頑張ります!!

      リーグ戦途中経過と現状整理

      0
        6月9日まで終わっての現状です。
        ()内は残りの対戦相手

        4勝0敗 横河電機 残り4試合(日立電線・曙ブレーキ・日本無線・富士通)
        4勝0敗 日本無線 残り4試合(日立電線・横河電機・曙ブレーキ・三井住友銀行)
        4勝1敗 日立電線 残り3試合(横河電機・曙ブレーキ・日本無線)
        3勝2敗 曙ブレーキ 残り3試合(日立電線・横河電機・日本無線)
        --------------------------------------------------------------------------------------------------------------
        2勝3敗 葵企業 残り3試合(三井住友銀行・三井住友海上・新生紙パルプ商事)
        1勝3敗 三井住友銀行 残り4試合(日本無線・富士通・新生紙パルプ商事・葵企業)
        1勝3敗 富士通 残り4試合(横河電機・三井住友銀行・三井住友海上・新生紙パルプ商事)
        1勝3敗 新生紙パルプ商事 残り4試合(三井住友銀行・富士通・三井住友海上・葵企業)
        0勝5敗 三井住友海上 残り3試合(富士通・新生紙パルプ商事・葵企業)

        別に何がしたかったかというわけではないんですが現状整理です。

        上位リーグに行けるチームは4チーム。
        1位〜5位まで9月のJIC(全日本バスケットボール競技大会)@愛知県岡崎市 への出場権が与えられます。
        上位リーグに入ることができればJICへの出場権は確保できるという事です。

        うち(AKB)は既に2敗してしまったため上位リーグに入るためには残りの3試合を最低でも2勝1敗で行くしかありません。
        2敗した時点で上位は厳しいと思われます。

        9日(日)のパルプ戦は内容・結果共に厳しいものでした。
        なんていうんでしょうか?
        こちらがやりたいことをパルプさんにやられてしまった感じ。
        そしてまたしてもスタートのメンバーに負荷をかけてしまう内容でした。
        最終スコアは66−80
        うちベンチスコアはわずかに河本の4得点のみ。
        流れを変えるために出ているはずのベンチメンバーがこれでは厳しい。
        プレイタイムが長かろうが少なかろうが客観的に見てベンチメンバーが役割を果たしているとは言い難いですね。
        でも、みんな何とかしたいという気持ちはあります。
        来週の日立電線戦までどう修正していくか?
        もう負けられません。
        実質、日立電線に負けたら上位リーグはほぼなくなるし。

        日曜日、内容はどうあれ勝たなきゃいけない!まずは水曜日のチーム練習からですね。

        関東実業団リーグ途中経過

        0
          埼玉県実業団連盟所属チームの関東実業団バスケットボールリーグ戦の現在までの途中経過です。
          埼玉県実業団連盟所属で関東実業団リーグに所属しているチームは女子のメディセオ含め6チーム。

          【メディセオ・女子1部】
          現在1敗と黒星スタートですがまだまだリーグは長いので巻き返しに期待!

          【JXエネルギー戸田・5部Aブロック(全6チーム)】
          現在1勝0敗、三菱重工相模原と対戦し勝利。
          スコアだけですが49−33とロースコアの試合を制した模様。

          【テイエステック・4部Dブロック(全6チーム)】
          現在1勝1敗、ITホールディングスに敗れています。
          こう言ってはアレですがまさか4部でテイ・エステックに勝てるチームがあるとは思っていなかっただけにちょっと衝撃的でした。
          別件なんですが東京都民大会で何人かテイエステック所属の選手を見かけました。
          その時はメディセオ所属の選手がいるチームに勝っていただけに2部相当のポテンシャルがあると思います。
          3部昇格できるかは他力本願になってしまうとは思いますが残り試合も頑張って欲しいと思います。

          【大陽ステンレススプリング・3部Cブロック(全6チーム)】
          現在2勝0敗、2試合共に100点ゲームで快勝しています。
          やはり3部で山崎選手・野麦選手を止められるプレーヤーはいないか?!
          得意のハイスコアなゲームで2部昇格を目指していただきたいと思います。

          【本田技術研究所・2部Aブロック(全6チーム)】
          昨年入れ替え戦を制し2部へ昇格した本田技術研究所。
          現在0勝1敗ですが1敗の相手は今シーズン新コーチを迎え厳しい練習を積んでいるという噂のメディセオ。
          敗れはしたもののそのメディセオに4点差のゲームをしているだけに今後も期待十分。
          飛びぬけたスコアラーはいないものの持ち前の走力とチーム力で2部でも上位を狙えるチームだとと思います!

          【曙ブレーキ工業・1部(全9チーム)】
          現在3勝1敗、数字の上では2位となっています。
          富士通・三井住友銀行・三井住友海上に勝利し葵企業に敗れています。
          全国大会への切符は上位5チームに与えられますが、1次リーグで8試合の成績で上位4チームと下位5チームに分かれます。
          全国大会へ行くためにもこれ以上は負けられません、そして今後は昨年度上位のチームとの対戦に入っていくことになります。

          今シーズンの目標は実業団での全国優勝と2年連続AJ出場。
          AJ出場の為にはリーグで上位5チームに入り、愛知で行われる全国大会でベスト8に入り、さらに広島で行われる全日本社会人で優勝しなくてはいけません。
          もし、これがダメなら昨年同様に地方枠からの出場を目指すことになりますが、社会人大会の枠が減らされてしまった(2→1チーム)ので各チーム地方枠を狙う事も十分に考えられます。

          …先のことを考えてもしゃあないので目先の試合に勝てるように全力を出したいと思います。
          次は6月9日(日)15:50〜 対 新生紙パルプ商事 @代々木第2体育館 です。
          2月の全国大会でベスト4に入っている強敵です、勝てるように頑張ります。

          バスケをする上でのプレーする雰囲気とか環境

          0
            社会人になってからいろんな人とバスケットをする機会がある。

            始めたばっかりの人、すごいキャリアを持ってる人、うまくはないけどバスケが好きで好きで仕方ない人、それぞれ。

            その多くは、バスケットを始めたきっかけも、バスケットをする動機も様々。

            仲の良い友達が始めたから、たまたま見たNBAに魅せられて…とかね。

            多くの中学校や高校はなんらかの部活に所属してなきゃいけないルールだったり、途中でやめるにやめられず半ばしょーがなく続けた人もいる事だと思う。

            そんな中、社会人になってもバスケをやってる人っていうのは、基本バスケットというスポーツが好きな人なんだと思う。

            社会人、もういい大人。

            やりたくなきゃやらなきゃいいだけの事。

            バスケットをやってる大部分の人って、誰かに『お願いだからバスケットをやって下さい』なんて言われたわけじゃなくて、好きだから、自分かやりたいからやってる人ばっかりだと思う。プロじゃないんだし。

            もうすぐ関東実業団9年目のシーズンがスタート。

            チームの状態、雰囲気は悪くない。

            個人的にもそれなりに状態はいい。今は何よりチーム内の練習が楽しい。

            なんで練習が面白いかっていうと、マッチアップするメンバーのレベルが高いから。自分の力じゃ、120%やったって勝てるか怪しいところ。でもそんなレベルの高い相手とできるってことが嬉しい。練習から気を抜かずに真剣勝負!自分より飛べる、走れる、スキルがある連中をどうやって倒してやろうか?あれこれ考えながらやるのはすごく楽しい。

            そんなハイレベルな練習に身を投じているんだけど、ふと気が付いたことがある。




            それはチームメイトからの声。





            どんなにミスしても『おい、決めろよ!』とか『なにやってんだよ!!』なんて声は全くない。

            もちろんそれに甘えてちゃダメなんだろうけど、少なくともミスを咎める声はない。

            だから、ミスをしたとしても、次は決める!!って前向きになれるし、チームメイトがミスをしても『ドンマイ!次は決めよう』って声が自然とでてくる。

            こういうちょっとした配慮のおかげで、いつも前向きにプレーする事ができるし、萎縮する事なくのびのびできるんだなって思う。

            小さい頃から運動神経がない、ヘタクソだって言われ続けて成長したから。どんな味方のミスにでも前向きな声をかける事ができるんじゃないかなって思うようになった。文句を言われる辛さは自分もよく知ってるだけに。

            激しい言葉をぶつけられても『ナニクソ、このヤロー』って奮い立つ事ができる人間なんて、そんなにいないと思う。大部分は萎縮して、本来できる事までできなくなってしまってると思う。

            だからって訳じゃないし、時には厳しい言葉も必要ではあると思うんだけど。自分と組んだ味方には常に前向きな言葉を発して行きたいと思う。そうする事で、周囲と良い関係が出来たり、バスケットが楽しかったり、チームの雰囲気が良くなったりするんだから。

            だから、どんなミスを味方がしたとしても、反省は別個するとして、いつも前向きにプレーできる雰囲気や環境を作っていきたいって思う。

            誰しもがミスをしようと思ってするやつはいないし、はじめからシュートを落とそうと思ってプレーしてる奴なんかいないんだから。


            甘い??

            開幕戦にむけて

            0
              今までJBL2に所属していた日立電線さんが今年から関東実業団に所属するということで今年の関東実業団1部は9チームで試合をする事になります。その影響もあり開幕戦が例年の6月からではなく5月に前倒しされた事で例年になく連休中に練習をする事になった今年、我々曙ブレーキのメンバーもそれぞれの連休をすごしました。

              地方出身者が多いためいつもであれば連休中は完全にOFF、だいたいみんな地元に帰ります。

              そんな中、連休前に森川ACから出された連休中の課題は『太らない』でした。ちなみに監督からは必ず体は動かし続けることを言われていました。

              で、連休明けの練習が本日ありました。

              体を動かす、と言っても一人ではなかなか追い込んでの練習やコンディションをキープすることはやはり難しく、それなりに体力は低下します。連休前にはできていたことができなくなってたり、走力ががっくり落ちてたり…なんてのは当たり前のようにあること。

              それでも開幕戦まであと2週間、どれだけフィジカルコンディションを戻して戦術理解度を高めることができるか?ここが頑張りどころ!

              今年は優勝のチャンスもあると思います。創部50年の歴史を誇るakebonoバスケットチームですが関東実業団リーグではまだ優勝がありません。

              昨年度の天皇杯出場で会社もチームも盛りがっている今だから、なんとか優勝を勝ち取りたいです。

              そんな開幕戦は5/18、埼玉県朝霞市総合体育館で富士通さんと対戦します。ここ数年、有力選手の入社が続き力のあるチームですがモノにしていいスタートをきれるように頑張りたいと思います!!

              関東実業団一部リーグ戦日程

              0
                今年度の関東実業団一部リーグの日程が決まりました。(一部変更になる箇所がありますので逐一関東実業団のホームページをチェックしてください。)
                開幕は埼玉県朝霞市で富士通さんとやります。

                昨年の開幕戦は同じ体育館で葵企業さんにやられてるので今年は開幕戦に勝利できるように頑張ります!

                ? 5/18(土) 14:30〜対 富士通 @朝霞市総合体育館
                ? 5/26(日) 10:00〜対 三井住友銀行 @富士通体育館
                ? 6/1(土) 10:00〜対 葵企業 @横河電気体育館
                ? 6/2(日) 10:00〜対 三井住友海上 @富士通体育館
                ? 6/9(日) 15:50〜対 新生紙パルプ商事 @代々木第二体育館
                ? 6/16(日) 15:00〜対 日立電線 @武蔵野市総合体育館 ※コート責任(前オフィシャルなので試合間を30分間隔をあける)
                ? 6/22(土) 14:30〜対 横河電気 @朝霞市総合体育館
                ? 6/23(日) 15:30〜対 日本無線 @茨城県のどこか(日立電線?)

                【下位リーグの場合】
                ? 7/6(土) @塩浜市民体育館
                ? 7/7(日) @墨田区
                ? 7/13(土) @代々木第二体育館
                ? 7/14(日) @代々木第二体育館
                ? 7/20(土) @代々木第二体育館

                【上位リーグの場合】
                ? 7/13(土) @代々木第二体育館
                ? 7/14(日) @代々木第二体育館
                ? 7/21(日) @代々木第二体育館

                【入替戦】
                7/27(土) @船橋アリーナ

                創部以来50年目の初優勝を目指して!
                1.2.3 TEAM!!

                埼玉県実業団春季リーグ戦最終日の見所

                0
                  2月17日終了時

                  【1部リーグ(5試合制)】
                  1位 曙ブレーキ工業…3勝 (総得点274点/総失点136点 GA2.01)
                  2位 大陽ステンレススプリング…3勝 (総得点282点/総失点150点 GA1.88)
                  3位 テイ・エステック…3勝1敗
                  4位 本田技術研究所…2勝2敗
                  5位 ボッシュ…4敗 (総得点197点/総失点360点 GA0.55)
                  6位 川越市役所…4敗 (総得点136点/総失点383点 GA0.36)

                  【2部リーグ(4試合制)】
                  1位 パイオニア川越…3勝0敗
                  2位 三郷市役所…2勝0敗
                  3位 曙ブレーキ岩槻…1勝2敗 (総得点198点/総失点202点 GA0.98)
                  4位 川口市役所…1勝2敗 (総得点144点/総失点200点 GA0.72)
                  5位 JXエネルギー戸田…0勝3敗 (総得点141点/総失点186点 GA0.75)

                  【3部リーグ(4試合制)】
                  1位 新日本無線…4勝0敗(来年度2部昇格確定)
                  2位 ボッシュ東松山…1勝2敗
                  3位 本田技術研究所朝霞…3敗

                  ※ 勝率が並んでいる場合は当該チーム同士の勝敗で順位を決定するが当該チーム同士の勝率が同じ場合はゴールアベレージで順位を決定する。
                  ゴールアベレージは総得点÷総失点。
                  また、部間入れ替えは全て自動昇降格である。

                  《1部》
                  関東実業団3部リーグ所属の大陽ステンレススプリングと同4部所属のテイ・エステックの対戦は序盤からテイ・エステックがリードし優位な形で試合を進めていたが、後半に入り大陽のポイントゲッター#17山崎選手が復調、#12野麦選手と大陽が誇る2大エースの活躍で第4ピリオド残り1分でなんとか追いつく。試合は残り2.5秒、同点で大陽ボール。大陽はエース#17山崎選手にボールを託す。山崎選手もチームの期待に応え、ブザービーターとなるジャンパーを沈めて58−56で逆転勝利を挙げた。
                  大陽ステンレススプリングは最終日に昨年関東実業団2部リーグへ昇格を決めた本田技術研究所、同1部リーグに所属する曙ブレーキ工業と対戦し、2年ぶりの優勝を目指す。
                  ここでもキーとなるのはエース・山崎選手。本来のポジションは3番なだけにインサイドはサイズ・体格ともに曙ブレーキ工業に劣るが、得意の速い展開からアウトサイドを決めることができれば勝機はある…かも。実際に秋の選手権大会埼玉県予選決勝では曙ブレーキ工業相手にわずか4点差の試合をしているだけに大陽ステンレススプリングに注目が集まる。
                  下位ではボッシュ対川越市役所の敗者が2部リーグに降格となる。ここ数年1部の5位以上は同じ顔ぶれなだけに川越市役所の奮闘に期待がかかる。
                  迎え撃つボッシュは先週の練習で大ベテランの#10梅山選手が腰をけがしてしまうトラブルに見舞われた。最終戦で出場できるかどうかはわからないがボッシュを支えてきた大ベテランの出場可否はチームへの影響が大きいだけにけがの回復が待たれる。同じくベテランセンター#4沖田選手、ポイントゲッターの#8喜多選手の活躍にも期待。

                  曙ブレーキ工業対テイ・エステック。
                  曙ブレーキ工業は先日行われた全日本実業団選手権の影響か、ベテラン陣が出場していない(石井・藤原)。最終戦、出場がどうなるのかは不明だが元々若手を中心としたチームだけにベテランの出場どうこうはあまり影響しない模様。先週の試合は地元・SAGAで結婚式があったため欠場したエース#15田中が復帰しているため先週とはまた違った布陣を敷くことも考えられる。尚、田中も出場可否は現段階で不明である。また、今大会でようやくデビューした高卒ルーキー#33庫山(秋田県・横手城南高校出身)だが、ここ3試合は圧倒的な実績を誇るメンバーの中で何をしていいのかよくわからないといった具合なだけにどれだけキョどらず自分のプレーが出せるか注目である。ユニフォームはまだ作成してもらえていないようで昨年、ラビッツ(曙ブレーキ工業に所属していた元メンバーが結成した埼玉県クラブ連盟所属チーム)へ移籍した高橋利英選手のユニフォームを借りての出場となる。この1年ですっかり自信を無くし、栗原類ばりにネガティブ思考の持ち主になってしまったが1年間、腐らずドリンク補給や洗濯などチームの仕事を頑張ってきただけに首脳陣に自分のプレーをアピールして欲しいと思う。早く自分のユニフォームが出来上がるといいな!クラヤマ!!尚、曙ブレーキ工業の首脳陣は所用の為、来ない模様。
                  テイ・エステックは埼玉県実業団の中では曙ブレーキ工業に次ぐ実力がありながら昨年は不運もあり関東実業団では4部に在籍している。同2部の本田技術研究所には僅差ながらも終始リードし、勝利しているだけに曙ブレーキ工業にどこまで食い下がれるか?注目はエース#7綾部選手、高い身体能力を活かし3P、ドライブと得点源となっている。そしてベテランセンター#14長内選手、一部ではリアルブロリーの称号もあるだけにテイ・エステックインサイドをどれだけ支えられるか期待がかかる。また、ジャンクガレッジ愛好家としても知られる#8萩原選手の活躍にも期待したい。

                  《2部》
                  1部昇格の大本命はパイオニア川越。ここまで大きく崩れることなく安定した結果を出しているだけに最終日も若手を加えて勢いに乗る三郷市役所がパイオニア川越相手にどれだけできるか?注目である。三郷市役所は先日のJXエネルギー戸田戦で逆転のブザービーターの3Pを決めている#6松井選手に注目だ。
                  2部の見どころはなんといっても混とんとしている下位争い。JXエネルギー戸田が8割方勝利を手繰り寄せていた三郷市役所戦でまさかのブザービーターによる大逆転負けを喫したこともあり3チームすべてに降格の可能性がある展開となっている。
                  最終戦のカードはJXエネルギー戸田対曙ブレーキ岩槻・三郷市役所対川口市役所。
                  昨年3位のJXエネルギー戸田は曙ブレーキ岩槻と対戦。両チームともベテラン陣の出来が勝敗を左右する。
                  ちなみに曙ブレーキ岩槻は言わずと知れた曙ブレーキ工業のOBチームである。なぜか「JXには負けない!」とOBチームをまとめるビッグボス#18大竹選手は語る。尚、理由はわからない模様。曙ブレーキ岩槻は前日の23日が通常通り仕事の日の為どれだけメンバーが集まるかがカギとなる。個人個人の能力は高いがいかんせんほとんど練習をしていないため参加人数が勝敗を分けるといっても過言ではない。中でも最若手で3月には入籍をする#9木賀選手の参加は勝利のためには必須条件である。尚、JXエネルギー戸田が曙ブレーキ岩槻に勝ち、川口市役所が三郷市役所に勝利した場合、曙ブレーキ岩槻は3部に降格となる。逆にJXエネルギー戸田が残留するためには何が何でも曙ブレーキ岩槻には勝たないといけない。
                  川口市役所は昨年3部からの昇格チーム。若い選手が多く、走力でJXエネルギー戸田を倒しただけにベテラン選手の多い三郷市役所にとっては厄介なチームとなる可能性が高い。秋の選手権大会では試合前日に選手登録を済ませた選手が活躍するなど伸びしろの大きい選手が多いだけに何としても2部にとどまりたいところ。三郷市役所戦で勝利すれば2部残留は確実なだけにトランジションバスケットに持ち込みたいところだ。三郷市役所は川口市役所戦の後にパイオニア川越戦を控えるだけにどのように川口市役所得意の展開に持っていかせないかがカギとなる。

                  曙ブレーキ岩槻…?JXエネルギーに勝利 ?JXエネルギーに負けた場合→川口市役所が負け、3チームのゴールアベレージで決定。
                  川口市役所…?三郷市役所に勝利 ?三郷市役所に負け → 曙ブレーキ岩槻が勝利で残留 ?曙ブレーキ岩槻が敗北で3チームのゴールアベレージ。
                  JXエネルギー戸田…?曙ブレーキ岩槻に勝利、かつ川口市役所が三郷市役所に勝たなければいけない。

                  ちなみにこのゴールアベレージは3チーム間の試合のものが適用される。現時点での3チームのゴールアベレージは以下の通り。(これでも同じ場合は全試合のGAを適用)
                  3位 曙ブレーキ岩槻 総得点74 総失点57 ゴールアベレージ1.30
                  4位 川口市役所 総得点104 総失点117 ゴールアベレージ0.89
                  5位 JXエネルギー戸田 総得点43 総失点47 ゴールアベレージ0.91

                  仮にゴールアベレージで順位を決定することになった場合、現時点で最下位のJXエネルギー戸田が4位の川口市役所を上回っているだけに1勝4敗で3チームが並んだ場合本当に分からなくなってしまう。
                  競技委員長としては頭の痛いところだ。尚、公式なものではないので、もし、該当チーム関係者の皆さんが見ていらっしゃいましたらご自分で計算することを強くお勧めします。もし間違ってても責任とれませんので…

                  《3部》
                  試合日程の申し込みの都合上、最終日を待たず新日本無線の全日程が終了。全勝で新日本無線が1年で2部への復帰を決めた。
                  残る最終戦はボッシュ東松山 対 本田技術研究所朝霞(本田技術研究所のOBチーム)。
                  両チームとも高齢化が進んでいるがダブルヘッダーもこなすなど体力もある、また往年のキレを瞬間的に発揮するなどしてリーグを活性化させてくれている。
                  尚、ボッシュ東松山には埼玉県実業団連盟理事長の渡辺様、副理事長で普及委員長を務める進藤様が在籍。
                  本田技術研究所朝霞には本田技術研究所の監督であり埼玉県実業団連盟常任理事であり広報委員長の吉田様も在籍している。

                  《1部得点ランキング》
                  1位 山崎剛  大陽ステンレススプリング 24.3点 残り試合数2
                  2位 数馬野麦 大陽ステンレススプリング 24.0点 残り試合数2
                  3位 河本裕一 曙ブレーキ工業 17.3点 残り試合数2
                  4位 綾部武剛 テイ・エステック 16.5点 残り試合数1
                  5位 金城真悟 曙ブレーキ工業 14.7点 残り試合数2

                  《1部3Pランキング》
                  1位 渡邊丈人 大陽ステンレススプリング 3.3本
                  2位 河本裕一 曙ブレーキ工業 2.7本
                  3位 綾部武剛 テイ・エステック 2.3本
                  4位 山崎剛  大陽ステンレススプリング 2.0本
                  4位 数馬野麦 大陽ステンレススプリング 2.0本

                  山口が生んだスーパースター河本の得点王・3P王は?!
                  得点・3Pランキング争いも注目です。

                  《その他》
                  春季リーグが開催される体育館はいずれも暖房設備がなく、実連では特別ルールを採用。
                  ユニフォームの下にTシャツ等を着用しているがあまりにも寒いための措置だ。

                  また、審判部では他のカテゴリーから審判を招いての研修会を実施するなど高橋審判委員長様(曙ブレーキ所属)を中心とし、精力的な活動を行っている。


                  そんな埼玉県実業団リーグ最終戦は24日(日)、行田グリーンアリーナで開催。
                  大会を開催しても観客席・更衣室を含めゴミが落ちていない素晴らしいマナーの各チームの試合、お時間あるようでしたら観戦に来てはいかがでしょうか?

                  全日本実業団結果

                  0
                    全国実業団は準優勝という結果でした。。。

                    4日間で6試合、昨年も最終日まで残ることはできましたが決勝まで行ったのは入社8年目にして初の出来事。
                    とても充実していた4日間でしたが疲労も相当でした。

                    元々、正月のAJで骨折してしまった鼻骨が治らないままフェイスガードを着けて臨んだ大会。
                    大会前の練習で膝裏をけがしてしまい万全ではありませんでしたが、それでも試合ができるコンディションにしてくれた謙次さん、山川先生、我妻先生に感謝です。
                    大会中に何本もの針を打ってもらいなんとかプレーできました。

                    大会3日目の準々決勝はJR東日本秋田と対戦。
                    JR東日本秋田というチームは自分にとっては特別なチーム。
                    なぜなら故郷・秋田の強豪チームであり、高校の先輩・後輩がたくさんいるチームだからです。
                    2個上に尊敬する若月さん、1個上に村山さん(今大会、来てなかったなぁ)、純也さん。
                    1個下に菅、2個下に土崎・黒政。
                    他にも秋田県の国体予選会でチームメイトとして共に戦った斉藤奨、高校は別ですがミニバス「能代ブルーインズ」の後輩にあたる工藤鉱介もいます。

                    さて試合ですが立ち上がりから純也さんのタップやジャンパーで開始3分で0−7のランで劣勢。
                    その後、AKBは熊・田村・田中を中心に反撃、序盤からクロスゲームに。。。
                    うちは中・外バランスよく得点しますがJRのインサイド・石橋をなかなか止められず前半2点リードで終了。
                    クロスゲームだった前半とは変わり、後半は立ちあがりからAKBペース。
                    ディフェンスからカウンターがよく決まり一気にJRを突き放す。
                    このピリオドだけで17点離すことができました。
                    4ピリに入り、積極的なディフェンスで差を詰めようとするも大勢は変わらず66−82で勝つことができました。

                    試合後、翌日に向けてみんなで食事をした後、ホテルに帰るとJRのみんなと会いました。(同じホテル)
                    聞くと曙とは相性の悪さを感じているらしく、菅いわく「九電よりやりたくない」と言ってくれました。
                    明日も頑張って!と言ってもらいうれしかったなぁ…

                    今後も全国大会ではJRとぶつかる機会がたくさんあると思いますがそのたびに無駄に気合入るんだろうなぁwww

                    翌日の準決勝、日本無線は…よく笛のなる試合でした(^◇^;)
                    序盤からクロスゲームになるものの次第に無線に離されます。#2福田弟のアウトサイドがよく決まりました。ですが前半終了間際に田中が投げたボールが決まり6点差で折り返し。後半に入ってから一気に試合が動きます。田村、熊が次々に得点しあっという間に逆転。その後は無線にファウルトラブルなどもあり20点差をつけて勝つ事ができました。

                    決勝は秋の大会でも勝てなかった九州電力。

                    試合前に新生紙パルプ商事のマネージャーの方が来てドリンクやゼリーなどの補給食をくれました。


                    その後日本無線さんからも…

                    すごく嬉しかった!!
                    これは両チームの分まで頑張らねば!ってことで挑んだ試合でしたが54-61で負け。向こうは前半で中川直が退場、酒井君もいなかったのに…日本一になるのってそう簡単な事じゃないですね。。。

                    とはいえ準優勝できた事はこれからのチームである曙ブレーキにとってはとてもよい経験になったと思います。

                    来年こそ!っていう思いで春からの練習を頑張ろうと思います。

                    全国大会2日目

                    0
                      全国実業団バスケットボール選手権大会2日目

                      予選リーグ第3戦
                      AKB 74-56 黒田電気

                      1ピリから田中の3連続3Pや熊のインサイドで得点するが2ピリから黒田電気はディフェンスをマンツーマンからゾーンへ切り替え。うちの得点が伸びず前半2点差で折り返す。(リード)

                      後半に入ってようやくうちのゾーンオフェンスが機能しだしてなんとか黒田電気に勝つ事ができました。

                      終盤のゲームが決まった展開では黒田電気も相手に怪我をさせてはいけないからノーファールで!という姿勢でとても紳士的でした。

                      今日の準準決勝はJR東日本秋田と対戦します。

                      あちこち痛くてトレーナーさんからはポンコツ呼ばわりですが頑張ります!笑

                      第45回全日本実業団バスケットボール選手権大会初日

                      0
                        第45回全日本実業団バスケットボール選手権大会

                        初日結果

                        予選リーグ第1戦
                        AKB 114-34 北陸電力石川

                        予選リーグ第2戦
                        AKB 90-50 豊田自動織機

                        無事に連勝。
                        しょの北陸電力石川戦で顔面はたかれて鼻血出ましたが…

                        本日、予選リーグ突破をかけて黒田電気さんと対戦です!


                        メディセオの井戸川さとちゃんと出原と。

                        詳細はこちら?
                        http://jitsuren.jp/?p=4984

                        calendar
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM